短期間で英会話を身につけたい方へ!効率的な英会話学習法のご紹介

>

忙しいビジネスマンのための英会話学習

英語を使う場面とレベルを考えた目標設定

目標設定を行うにあたって、TOEIC何点以上をとる、教材の英会話フレーズを全て覚えきる、などの目標を掲げる方も多いでしょう。
しかし、短期間で英会話をマスターするということを踏まえると、こうした目標設定は非効率的になってしまう可能性があります。
まずは自分がどういった目的で英語を使いたいのか、使うとすればどのような場面で使うのかを考えてみましょう。
例えば、プレゼンの機会に英語を活かしたいのであれば専門用語も使いこなせるだけのスピーキング力を上げる、相手のニーズを細かく汲み取る必要があれば、ネイティブの話すスピードについていけるだけのヒアリング能力をつけるなど、英語を使う場面は人によって様々なため、今の自分に必要な英語能力やレベルはどういったものかを考え、そこをベースとした目標を立てることで、学習を進めていく中で成果を実感しやすくなるでしょう。

基本となる単語・文法は押さえておく

英会話学習を始めるにあたって大切になるのが、基本的な英単語と文法です。
日常会話に支障のないレベルの英単語や熟語はビジネスシーンにおいても使用頻度が高く、このレベルの語彙力をしっかりとつけておくことで、難しい単語や業界用語を知らなくても他の言い回しや表現が可能になります。

また、学習本や教材の広告などで、英会話を学ぶ上で文法を知っておく必要はないとされることもありますが、あくまでも高校・大学レベルの文法は必要ないというだけで、基本的なレベルの文法は理解しておく必要があります。
単語だけを知っていても、基本的な文法が理解できていなければ、その単語を組み立てて文章を作り上げることができず、スピーキングに繋がらないからです。
日常会話では中学レベルまでの簡単な文法がよく使われているので、まずはこのレベルの文法を短期間で簡単に復習しておくと、その後のアウトプット学習もスムーズに進めていけるでしょう。


この記事をシェアする